カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
St AMAND ディナープレート【ACACIA】
13,200円(税1,200円)
購入数

St AMAND ディナープレート【ACACIA】
13,200円(税1,200円)
1900年前期のフランスアンティーク、St AMANDの食器です。代表的なACACIAシリーズは、その名の通り綺麗なアカシアが上品なブルーで描かれています。

フランスのアンティークや古道具の中でも、焼き物は特に素材や製法、年代や地方によって多種多様です。

サンタマン社(Saint-Amand)は、フランス北部、サンタマンレゾー(Saint-Amand-les-Eaux)に1705年創業した窯元です。陶器工場として恵まれた場所で、材料や製品を輸送する為のスカーペ川と道路があり、窯用の木材が取れる森がありました。

1705年にファイアンス焼きの工場としてサンタマン社を設立しましたニコラス・デムウティエール(Nicolas Desmoutiers)。当時の彼の製品は花や動物柄を用いた多色使いの装飾と、伝統的な白地に青の柄の製品の2大メインで製作されていました。

St AMANDらしい白いファイアンスにブルーの絵柄が美しいプレート。アカシアの木が描かれたパターンが素敵です。
このプリント技術、古くは銅版画の技術を応用して18世紀には発明されていたのだそうです。
それが19世紀になりフランソワ=アントワーヌ・ルグロにより再発見され、プリント技術に特化した製陶所を開設。クレイユやショワジーといったファイアンス製陶業者セーブルまでもが彼に絵付け前のお皿を託し、大量生産への道を辿っていきました。

本商品はアンティークのため、使用による細かな傷や貫入などがある場合がございますが、目立つヒビやカケなどはなく状態は良好です。

今回同デザインで6枚入荷しており、アソートの単品販売とさせていただいております。
モノによりバックスタンプが異なったり、スタンプがないものもございます。何卒ご了承ください。

サイズ:φ22.4 h2.5cm
ファイアンス(陶器)
1880年代頃
この商品を購入する